キャッシングの返済方法をチェック【計画的に返済しよう】

金利を減らして楽に返済

男女

銀行に注目しよう

カードローン返済で金利がネックとなっているなら、別のカードローンに借り換えしてみる手があります。特に銀行系のカードローンは、小額利用でも金利が低く設定されており、金利負担を減らすことができます。限度額が低い場合でも、銀行ならば14%程の金利で返済していくことが可能です。中には、最高金利を13%以下の数値に設定しているところもあるので、しっかりと見極めて借り換え先を選べば返済が楽になります。カードローンを扱う銀行は様々で、全国で利用できる大手をはじめ、ネット銀行、また地域を限定して提供している地方銀行のカードローンも存在しています。どこも金利は低めに設定されているので、借り換えを行えば負担は軽減されるでしょう。借り換えの場合は、現在利用しているカードローンに加え、さらに2社目と契約することになるため、おのずと審査も厳しくなります。しかし、総量規制基準となる、年収の3分の1を一定程度下回る借り入れ残高であれば、それほど審査を恐れる必要は無いでしょう。銀行では総量規制が適用されませんが、現在の収入と借り入れ残高とのバランスは審査に影響します。借り換えで審査に不安がある場合は、できるだけ借り入れ残高を減らしてから申し込むことをおすすめします。銀行によって審査の厳しさは変わってくるので、申し込み先の目星を付けたら各社の評判などを調べてみると良いでしょう。ネット上には、カードローンのランキングサイトや比較サイトが多数存在しており、審査の難易度なども掲載されています。