Real estate

お子様のことを思って

子育てをするために最適な設計を考える

注文住宅をする場合、子供がいる家庭では子供のためにどのような間取りや設計をするかが躾や教育という意味で大事になってきます。 子育てをする上で重要な事はいくつかありますが、勉強にしてもしつけにしてもできるだけ親が子供のそばにいてあげたほうが身に付きやすいものです。 これはコミュニケーションを取りやすい住宅作りをするということになります。 子供のしつけの1つとして、散らかしたものを片付けると言うことが意外にも大事です。ただ親が口で言ってもすぐに週間かするものではありませんが、住宅を工夫することで子供に自主性が生まれ自ら片付けをするようになるのです。 例えば、子供が散らかしたものを片付けやすいように収納を低めに設定することです。子供の目線に立って家が届くところに収納スペースを置いておくことで、やがて自主性が生まれてきます。

子供部屋も工夫をしてみよう

注文住宅のメリットは何でしょうか。これは自由に設定できるところが注文住宅のメリットといえます。 建売住宅のように最初から子供部屋と言う感じでスペースを与えておくのも良いのですが、学習面についてはできるだけ、リビングで勉強する習慣をつけた方が良い効果が出ると言われています。そのため、注文住宅を建てるときには、子供や部屋を作らないようにしても良いのです。 そのかわり、子供がある程度大きくなった場合に子供部屋があると子供にとってものびのびと育ちます。そのためには、壁で仕切ってしまうのではなく、可動式の壁を利用して、ある程度大きくなるまでは部屋の仕切りをつけないことです。 また、子供が2階に上がっていく時もできるだけリビングを通るように、リビング内に階段を設置しておくという工夫も大事でしょう。