Real estate

好きなデザイン

注文住宅はお金がかかる

注文住宅を建築する前に知っておきたいことは、建売住宅と比べてもお金がかかるということです。 建売住宅の建物が1500万円ぐらいで購入する事ができるとすれば、注文住宅は2000万円ぐらいかかるのが相場になります。 もちろん、注文住宅といってもかなりお金かかかることもありますが、平均すると建売住宅の2割から3割増位になります。 注文住宅の建設を考えると、建て売り住宅とは何か違う設計をしないことにはあまり価値がないということになります。 注文住宅を建設する場合、意外と予想とは違うということがあるとすれば、それは時間がかかることです。設計は工務店や設計事務所との話し合いで行われますが、1.2ヵ月で建設できるものではないのです。

いろいろな種類がある

注文住宅には、いろいろなタイプのものがあります。 その中で注目されているのは、モダン住宅です。モダン住宅にも何種類かありますが、和風を取り入れた和モダンや、シンプルさを追求したシンプルモダンなどがあります。 また、デザイン住宅も人気があります。デザイン住宅とは通常の注文住宅よりもデザインに特化した住宅で、専門のデザイナーによって、住宅をデザインするのです。これにより、お風呂と洗面所の間にガラスの仕切りがある場合や、室内に螺旋階段があるなどといったユニークな作りになっています。 いずれの注文住宅も価格面ではどうしても高くなってしまうのですが、住宅に対してこだわりがあるのであれば、お金をかけて注文住宅を作るという選択もアリでしょう。