Real estate

魅力を知ろう

一戸建て住宅の特徴とそのメリット

一戸建て住宅には大きく分けて2種類あります。一つがあらかじめ設計図が出来上がっており買う主は設計を決めることができない分譲住宅と、設計を買主が設計士ハウスメーカー、または工務店と相談をしながら建築していく注文住宅です。 この二つは価格の面で違いますが、住んでみるとどちらも良い面があります。一戸建て住宅のメリットとしてマンションやアパートなどと違い、子供が騒いだり、テレビの音が多少大きくてもあまり気にしなくて良い点です。これにより子供をのびのびと育てられるというメリットもあります。 また、資産として残る点も一戸建て住宅のメリットと言えます。これは賃貸マンションや賃貸アパートと比較した場合ですが、土地と建物を所有するため資産性があります。

デメリットも知っておこう

これに対して、建物は20年も過ぎれば価値はなくなる上に、土地は地価が下がる傾向があるので、資産性はないという意見もあります。しかし、売らないまでもローンを完済した後に子供に引き継ぐことができるため、資産性はないとは言い切れません。 では、一戸建てのデメリットはなんでしょうか。 一つ目はメンテナンスの問題です。住宅も10年もすれば劣化するためメンテナンス代がかかる点です。この点賃貸マンションやアパートはメンテナンス代を気にする必要がありません。 二つ目は頭金が必要な点です。住宅を購入する場合には、その住宅の20%程度の頭金を用意しておいた方がいいと言われています。3000万円の住宅なら600万円が頭金になるため、ある程度お金がないと厳しいのです。